中央株式会社は、環境問題を地球規模で考え、持続可能な社会に貢献します。

HOME > フロンガス回収のQ&A

フロンガス回収のQ&A

お申し込み、お見積もりについて


Q.見積もりは何日ぐらいで分かりますか?

現地確認後、2営業日でお見積りします。



Q.申し込みにあたって、必要なものは有りますか?

回収対象機器のメーカー名、型式、台数と希望の作業期間などの情報が事前に必要です。また、回収依頼表を必ずご用意下さい。



Q. 申し込み可能な地域はどこですか?

弊社の登録地は東京都ですが、全国どこからのお申し込みでも対応させていただきます。



Q. 時間帯や曜日について教えて下さい。

作業期間、条件等はご依頼時にご相談下さい。 24時間対応しますので、夜間早朝の作業も可能です。



Q. お問い合わせの時間帯はありますか?

お電話での問い合わせは、月曜から土曜の9:00〜18:00にお願いいたします。
HPからメールの問い合わせはいつでも受付いたします。2営業日以内にお返事致しますが、万が一、その期間を過ぎても返答がない場合、お手数ですが再度ご連絡いただきますよう、お願い致します。



Q. フロンガス以外の冷媒の回収をお願いできますか?

臭化リチウム、ブラインの回収も承っております。お気軽にご相談下さい。

ページのトップへ


回収作業について


Q.対象製品を破棄する際にはどうすればいいのですか?

フロンガスを回収した後に破棄いたします。正しい経路で処理していれば問題はありません。



Q. 工事の立ち会いは必要ですか?

原則的にはお願いをしています。



Q.作業日数はどれぐらいかかりますか?

回収する冷媒の量と作業可能な日数に合わせて人員を調整して対応いたします。



Q. 冷媒の洗浄は必要ですか?

既存の配管を再利用する場合は必要となります。



Q. フロンガスの破壊はお願いできますか?

破壊作業は、弊社が回収後に責任を持って破壊業者に依頼しますのでご安心ください。



Q.違う種類のフロンガスを充填してもいいのですか?

機械によって対応できるフロンガスの種類が違うので、種類ごとにまとめてボンベで回収いたします。



Q.認可を受けていない回収機で回収してもいいのですか?

法律に触れるため、回収することはできません。
認可を受けている業者が、認可を受けている回収機を使用しなければなりません。



Q.ポンプダウンした室外機を中間ブローカーに買い取りさせてもいいのですか?

引取証明書を発行できる業者に対しては可能です。



Q.フロン回収ボンベに複数の種類のフロンを混合回収してもいいのでしょうか?

明記してあるガスに関しては大丈夫です。それ以外は機械の故障につながる為、混合回収はできません。



Q.フロン回収の際に証明書の発行はできますか?

必ず引取証明書の発行を行います。

ページのトップへ


フロン、法律等について


Q.何故フロンガスを回収しなければならないのですか?

フロンガスは、オゾン層破壊と温暖化という地球環境に悪影響を及ぼす要因の一つです。そこで、環境保全のためにフロンをみだりに放出してはならないという法律ができました。これにより、使用済みフロンの回収が義務づけられたのです。



Q.代替フロンとは何ですか?

フロン(CFC)に比べ、より環境に優しい冷媒として開発された代替物質です。オゾン層への影響は少ないとされていますが、温暖化ガスとしては懸念されています。



Q.フロン回収破壊法とはどのような法律ですか?

フロンガスの処理に関する企業の義務と責任を明確化した法律です。また回収業者の手続き等も明文化されています。



Q.フロン回収破壊法の対象になる製品はどの範囲ですか?

家庭用・業務用の空調、冷凍機、車の空調機器など、フロンガスを利用しているものは全て該当致します。