中央株式会社は、環境問題を地球規模で考え、持続可能な社会に貢献します。

HOME > フロンガス回収の法律と免許

フロンガス回収の法律と免許

法律の概要

オゾン層の保護および地球温暖化防止のために、オゾン層を破壊するフロンは1988年に制定されたオゾン層保護法により段階的に生産を廃止し、代替フロンへの転換が進められています。

また、過去に生産された冷凍・空調機器の中に冷媒として含まれているフロンガスについても、これらの機器が廃棄処分される際にフロンガスが大気中に排出されないよう回収し、適切に処理することが必要です。

2001年6月、特定製品を廃棄する際のフロン類の回収を義務付けた「特定製品に係るフロン類の回収および破壊の実施の確保等に関する法律」(略称:フロン回収破壊法)が制定されました。これはフロンガスの回収および破壊の実施を確保するための措置等を講じることを目的とし、特定製品からフロン類を大気中に放出することを禁ずるものです。これにより、フロンガスの回収および破壊の促進等に関する指針と事業者の責任等が明確になりました。

企業の義務と役割が明確化され、
  フロン回収に対する責任がさらに求められています。

ビルの空調、食品のショーケース、飲食店の冷蔵庫などの業務用冷凍空調機器には、家庭用のものと比べて大量のフロンが使われています。これらの機器が不要になった時、あるいは修理を行う時にフロンが大気中に放出されると、オゾン層の破壊や地球温暖化の原因になります。フロン回収・破壊法に基づいてフロンの回収が進められてきましたが、2006年6月に法律が改正され、関係者の役割や回収の手続きが明確になってきています。(施行日:2007年10月1日)

免許

フロン回収破壊法により,特定製品からフロン類の回収等を業務として行う事業者は都道府県知事等の登録等が必要となりました。

建設業の許可(東京都知事 88034号)
エックス線作業主任者 
二級施工管理技士
産業廃棄物処理業