中央株式会社は、環境問題を地球規模で考え、持続可能な社会に貢献します。

HOME > フロンガスの種類

フロンガスの種類

フロンとは

正式にはフルオロカーボン(fluorocarbon)といい、炭素とフッ素の化合物です。不燃性、無毒性、化学的安定性といった優れた性質により、空調機器や冷凍庫・冷蔵庫などの冷媒として広く一般的に使用されています。生産に関する規制は設けられていますが、現在使用中のものも多く、回収はこれからというのが実情です。

フロンガスの種類と用途

フロンガスの種類であるCFC、HCFC、HFCの3区分に分類される冷媒番号区分について、オゾン層保護に関する法律第二条、地球温暖化対策の推進に関する法律第二条および米国ASHRAE34規格を参考にした分類例を下表に示します。なお、混合冷媒の扱いは、その成分にCFCを含むものはCFC に、HCFCとHFCの混合体はHCFCに分類することとします。

種類
主な冷媒用途
特徴
代表的な冷媒
オゾン破壊 係数
略称
クロロフルオロ
カーボン
Chloro Fluoro Carbon
低温冷凍機
カーエアコン
電気冷蔵庫
オゾン層の破壊程度が高い化合物。
1995年末に生産中止。
CFC−11、12、113、114、115等
R502(CFC115とHCFC22の混合物)
0.6〜1.0 CFC
ハイドロクロロ
フルオロカーボン
Hydro Chloro Fluoro Carbon
パッケージエアコン
ルームエアコン
オゾン層の破壊程度が比較的小さい代替フロン。 1996年から生産規制。 HCFC−123、22等 0.02〜 0.055 HCFC
ハイドロフルオロ
カーボン
Hydro Fluoro Carbon
カーエアコン
ルームエアコン
パッケージエアコン
電気冷蔵庫
各種冷凍機
オゾン層の破壊がない代替フロン。ただし温室効果ガスとして地球温暖化に影響。 HFC−134a、152a、32、143a、125等 0 HFC


フロンガスの再資源化

フロンガスというと有害物質というイメージが定着していますが、フロンガスはフッ素化合物の原料として利用されています。

フロン類の圧力区分
フロン類の種類
CFC HCFC HFC PFC
低圧ガス R11、R113 R123    
高圧ガス
常用の温度での圧力が
0.3〜2MPa未満
R12、R114、R115、R500、R502 R22 R134a、R32、R407C、R407E、R410A、R507A、R404A  
高圧ガス
常用の温度での圧力が
0.3〜2MPa以上
R13、R503   R23、R508A R14、R116